Yahoo seo Google > Google seo 2016年10月~ > ペンギンアップデート4.0を含むコア アルゴリズムは未完成?

ペンギンアップデート4.0を含むコア アルゴリズムは未完成?

Yahoo seo Googleのサイトマップが「保留」となって本日で85日目である。
この「保留」と、2016年の「保留」「処理」の流れから、Googleのペンギンアップデート4.0を含むコア アルゴリズムは未完成であると推測している。
フレッド アップデートも、その一環でリリースされたものと考えている。
2017年3月9日、10日に検索結果を大きく変動させたGoogleのseoアルゴリズム更新はフレッド・アップデートと命名され、その内容に関する見解が飛び交っており、私もそれなりに調査してみたのだが、途中で検証は中断した。
なぜならこのフレッド アップデートなるアルゴリズムの更新が現時点で最終形のアルゴリズムであると判断出来ないからである。
そのように考えた根拠は、サイトマップを始めとするSearch Consoleのデータ更新に違和感を覚えるからである。

サイトマップが一番分かりやすい指針だ。
この記事を書いている2017年3月15日段階で、サイトマップの「保留」は85日目である。
そして前回サイトマップが「保留」となり、そして「保留」211日目となる筈であった2016年10月19日の朝、サイトマップはようやく「処理」された。
つまり2016年9月23日にGoogle ウェブマスター向け公式ブログで「」と報告されてから暫く経って、ようやくサイトマップが「処理」に転じたわけである。
だからこそ、今、フレッド アップデートが誕生したからといって、サイトマップの「保留」が継続されている段階でアルゴリズムの形態を調査するのは早計のような気がしたのである。

さらに現在のサイトマップが「保留」は2016年12月21日に発生した。
つまりは2016年10月19日に「処理」されたサイトマップは12月21日に再度「保留」となったのである。
この「処理」から短い期間で再度「保留」に至った経緯を考えると、今の「保留」もペンギンアップデート4.0を含むGoogleのコア アルゴリズムと関係しているのではないか?と推測している。

そう推測する最大の原因はYahoo seo Googleブログの過去記事に対する扱いがコア アルゴリズムのアップデート前と変わらないからである。
アップデート後にエントリーされた記事に対しては適切にインデックスされているが、それ以前の記事に対する扱いはアップデート前の塩漬け状態が継続されているからである。(参照記事「」)

なぜこうも塩漬けが継続されるのか?
それこそ「」で書いたことが今も一番の原因だと考えている。
つまり今回のフレッド アップデートにも、こうした過去データが必要だったのであろう。
仮に過去データが随時更新・処理されて、その時点のseoスパムがまるでマネーロンダリングのように洗浄処理されてしまったら、スパムを炙り出すことが不可能になってしまうからである。

このことから推測されるのはペンギンアップデート4.0を含むGoogleのコア アルゴリズムは未完成であるということだ。
仮に完成形であったなら、今のような状況は生まれていないと考えている。
ペンギンアップデート4.0がリアルタイム更新となるためのスパム・データが足りていないのではないか?
そしてその痕跡は塩漬けされた過去データからのみ抽出出来るのではないか?

未だ推測の域を出ないことなので、これ以上の推論は控える。
ただしハッキリしている点は、サイトマップの「保留」は現実的な出来事であり、この「保留」はインデックスにおけるサイトマップの存在を一時除外することである。
除外する理由は、サイトマップに記載されたURLを盲目的にインデックスさせてしまう機能を奪うためであろう。
それはGoogleが正しくURLをインデックス出来るのかをテストする目的で除外しているのだと考えている。
そしてGoogleの検索結果は未だテスト状態なのだ。

満足とは程遠い検索結果にテストを繰り返すGoogleは、落第を繰り返す学生に思えて仕方がない。
何度やっても赤点で再試験。
そのツケを払わされているのはウェブマスターである。
仮に今、かつてのYSTが残っていたなら、検索シェアは大部分をYSTが占めたのではないか?
その原因はスパムを野放しにしない姿勢をいち早く鮮明にしていたからである。
seoスパムを放置した分だけ、今、Googleは苦労しているのである。

追記(2018年8月3日)
この記事に関連する「」も参照のこと。

追記(2018年9月3日)
この記事に関連する「」も参照のこと。
「ペンギンアップデート4.0を含むコア アルゴリズムは未完成?」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント