Yahoo seo Google > Google Search Consoleとseo > Search Consoleのアカウントは、Fetch as Googleで重要な役割を果たしている

Search Consoleのアカウントは、Fetch as Googleで重要な役割を果たしている

Yahoo seo GoogleのURLを調査していて、Search Consoleのアカウントは、Fetch as GoogleでURLを送信する際において、重要な役割を果たしていると感じた。
同一アカウントに登録されているウェブサイトは、同一アカウントによって所有権が共有されるからである。
Yahoo seo Googleブログは“net”ドメインに関する問題(この問題については「」を参照して欲しい。)を抱えている。
だから“net”ドメインもSearch Consoleに登録し、その状況を記録している。
で登録した“net”“us”“com”のスナップショットを紹介出来るのも、登録してあるからである。
3つとも登録してあるアカウントは1つしかない。
つまり言い換えれば、この3つのサイトの所有権を有しているアカウントは1つしかないということだ。
そしてこの所有権が、Fetch as Googleでも大きな役割を果たしているのではないか?と感じたのである。

今回<データ ハイライター>で調査していたのは個別にタグ付けしているURLである。
個別にタグ付けしているとは、どのような状況か?
それについては「」と、その記事内の画像を参照して貰えれば理解して頂けるだろう。
そして今回発見した<データ ハイライター>の異常とは、Fetch as Googleで送信し、ウェブ上のキャッシュも更新されているにも関わらず、個別タグ付けした<データ ハイライター>の内容だけが更新されていないURLがあることだった。

最初に考えたのは個別タグ付けしたURLがインデックスされている種別である。
」「」で触れた通り、<データ ハイライター>で内容が更新されていないURLは「スマートフォン用としてインデックスされている」と考えれば辻褄が合うからである。
直近でFetch as Googleで送信した際に選択したのは「PC」であり、だからこそウェブ上のキャッシュも更新された。
「PC」と「モバイル: スマートフォン」いずれかで送信されたとしても、それは“ウェブ”において同一だからである。

ただし、どうしてもそれだけで説明出来ない状況があった。
それこそ<データ ハイライター>の内容だけが更新されていないURLである。
つまりFetch as Googleで送信した時の時間が関係しているのではないか?
それはつまりアカウントと関係していることが疑われるのである。

先に「3つとも登録してあるアカウントは1つしかない。」と書いた。
1つのアカウントから送信出来るURLは1月に500である。
だから別のアカウントにYahoo seo Googleを登録し、Fetch as Googleで送信することもしている。
そのアカウントには“net”は登録していない。
いうなれば“net”ドメインの所有権を有しないアカウントからもFetch as Googleで送信したということだ。

今回<データ ハイライター>の内容だけが更新されていないURLを、どのアカウントで送信したのかは記録してなかったので分からない。
だが“net”“us”“com”の3つとも登録してあるアカウントから「モバイル: スマートフォン」を選択してFetch as Googleで送信したところ、<データ ハイライター>の内容が見事に更新された。
アカントが良かったのか?
それとも「モバイル: スマートフォン」を選択したのが良かったのかは今のところ、不明である。
だが、サイトの移転とSearch Consoleのアカウントに新しいサイトを追加することは「」にも書かれている通り重要なことだ。
“net”や“us”ドメインとの問題が解決していないFC2ブログにおいては、こうして3つのドメインの所有権を有するアカウントでFetch as Googleを送信することは重要な意味があるのではないか?
Fetch as GoogleでURLを送信することはそのURLに対するクロールをリクエストすることであり、そこには誰からのリクエストか?という点も重要だと考えるからである。

またそのアカウントからリクエストされたクロールは、紐付けられた“net”や“us”ドメインのURLにもクロールをするのではないか?

アカウントなんて大して意識しないでいたが、そこに所有権というものが加わるとアカウントが今まで以上に大きな意義を持っていることに気づいた。
サイトの移転が上手くいっていないと感じるウェブマスターがいるならば、双方のサイトをアカウントに登録していないことも原因かもしれない。
」が参考になるかもしれない。

追記
この記事に関連した「」も参照して欲しい。
「Search Consoleのアカウントは、Fetch as Googleで重要な役割を果たしている」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント