Yahoo seo Google > Google seo 2016年10月~ > リンクジュースで流れるPageRankはパンダアップデートで堰き止められる

リンクジュースで流れるPageRankはパンダアップデートで堰き止められる

ファスト トラック インデックスによってYahoo seo Googleの旧記事の評価を垣間見ることが出来た。
それを発端にGoogleにおけるリンクを考えてみた。
リンクジュースで流れるPageRankはパンダアップデートによる低品質の選別によって手動で堰き止められるのではないだろうか?
この記事を書いている現在、Googleの検索結果に目立つ程の大きな変動は訪れていない。
しかし近い内にどれ程の規模になるのかは不明だが、変動は訪れるだろう。
その根拠は、Search Consoleのデータがウェブ上に反映されていないからであり、これは意図してGoogleが反映をストップさせているだろうからである。
Search Consoleのデータがウェブ上に反映された時、然るべき変動は訪れると予想している。

Search Consoleに登録したYahoo seo Googleのデータを見ながらFetch as GoogleでURLを送信していた。
そして当初のインデックスはファスト トラック インデックスと呼ばれる。
」で私も記事にした。
そしてこのファスト トラック インデックスと呼ばれる状況に一時見られたのがGoogleのseoアルゴリズムである。
Fetch as Googleによるインデックスのリクエストとは、コンテンツを修正したので改めて再評価をリクエストすることである。
だからインデックスをリクエストした当初のファスト トラック インデックスでは、再評価される以前の評価が顔を覗かせるケースがある。
今回私が発見したのも、それである。

あるテキストとサイトコマンドを組み合わせた検索結果を記録し続けている。
」で紹介したものだ。
この検索結果に、前日、Fetch as Googleで送信した記事URLが表示された。
つまりはファスト トラック インデックスによって表示されたわけである。

「seoの問題が見つかりづらくなる要因はGoogleのアルゴリズム アップデート」の記事でも触れたが、このテキストはかつてソース上に記述してあったものであり、表示された記事本文には一切記述されていない。
表示された記事がかなり以前のままの状態でインデックスされており、そのソースにこのテキストが記述されていたか?
もしくは他のページからの内部リンクによって表示されたか?
結論は記事で書いた通り、リンクによって表示されたわけである。
記事では触れていないが、GoogleにもかつてのYahoo! seoと同様のアンカーコンテンツマッチなるアルゴリズムがあるかもしれないと感じたことを覚えている。(アンカーコンテンツマッチに関しては「」「」を参照して欲しい)
一時は否定的に傾いたのだが、今はこのアンカーコンテンツマッチに近いアルゴリズムがGoogleにも存在しているだろうと推測しているが、ここではそれに触れずリンクそのものについて考えてみたい。
それこそPageRankという名のリンクジュースについて、である。

今紹介した事例からも顕著だが、ウェブページ間を繋ぐリンクにおけるアンカーテキストは絶対ではない。
さらに「」でも検証した。
アンカーテキストの絶対化は、検索結果に対し有益に働かないケースがあるからである。(参照記事「」)

アンカーテキストを絶対化出来ない原因はスパムにあることに間違えない。
サテライトサイトを作成し、自演リンクによって上位表示を狙う古典的手法だけであれば対処は容易だっただろう。
根こそぎペナルティを科せば対処出来たからである。(サテライトサイトについては「」を参照のこと)

だが現状のスパム対策が難しいのが、一般の無辜のウェブサイトを利用してスパム行為が行われるからである。
中古ドメインを利用した自演リンク等、最もたる代表例である。

そしてペンギンアップデート4.0を含むコア アルゴリズムがアップデートされるまでの長時間、Googleが苦心したことこそPageRankの問題ではないか?と推測している。
つまりPageRankという名のリンクジュースをどのようにして堰き止めるのか?という点である。

中古ドメインによる上位表示対策が効果を上げた原因はリンクジュースによってPageRankがリンク先に流れたからである。
Googleからすれば、リンクジュースがこの中古ドメインに流れた時点でPageRankをゼロにしたかった筈である。
なぜならそれは中古ドメインを利用した自演リンクであることが明白だったからである。

だが中古ドメインだという理由だけで、そのPageRankをゼロにすることは出来ない。
自演リンク目的で中古ドメインを利用しているサイトばかりではないからである。
このことから中古ドメイン・サイトを選別する必要が生じ、それがパンダアップデートになった。
いわゆる、低品質コンテンツか否かという点でサイトの選別が行われることになったのである。

中古ドメインを例にすれば、1つ以上の中古ドメインをサテライトサイトにしていることが発覚した場合、自演リンクとして対象となるウェブサイトは手動でペナルティを科されるだろう。
だが確定しうる証拠が揃わない場合、低品質コンテンツの判定を受けずに自演リンク対策が効果を上げている例があるようである。
ここから容易に想像出来る点は、リンクジュースで流れるPageRankを自動で堰き止めることは現時点でしていない点である。
出来ないのか?
それとも敢えてしていないのか?
それは不明だが、PageRankを堰き止めるために手動で対処していることだけは確かである。

この事例から推測しているのだが、リンクによるペナルティの類は殆どが手動対応であろうということだ。
現状、ナチュラルなリンクであると判定されている限り、PageRankはリンクジュースによって流されている。
そしてこれは仮説だが、手動対応=全てペナルティと考えるべきではないのではないか?
」で「退場」と「退場はこちら」の事例を紹介した。
そして「退場」という検索テキストに対しYahoo! JAPANのウェブサイトを表示させないという手動での対応があったとすれば、それはペナルティとは当然呼べない種類のものである。
手動で対応されたものが“退場”というテキストのみであったために「退場はこちら」ではYahoo! JAPANは表示されるのである。
またこうも考えられるだろう。
ネガティブseoを回避するためにもリンクに対する対応は手動でなされている、と。

手動に対し自動が存在するのも事実だ。
先に示したYahoo seo Googleのサイトコマンド事例がそれだ。
」で報告した件も踏まえれば、システマチックなドメイン間のリダイレクト仕様が自動的だからこそ、自動でスパム対処しやすいといえるのかもしれない。(参照記事「」)

リンクを検証して理解出来たこととは、GoogleはPageRankというアルゴリズムの基礎を、現状、全く改める気持ちが感じられないことだろう。
つまり今のままであればGoogleは永遠にリンクと付き合うことになるのだろう。
それはそれで良いのだが、果たして今のように長期間に渡り試行錯誤をしている状況は致命傷ではないか?
もはやGoogleが検索エンジンとして優れているという認識は崩れて来ており、Google離れは既に始まっていると思われる。

Fetch as Googleで送信し、サイトコマンドに表示された記事URLは3日後には消えた。
プライマリ インデックスへ至る過程で消えたのだろうか?
ハッキリしていることは、そのページへの古い評価(つまり古いリンク)が消えたことだ。
新しいリンクで繋がれた時に見えてくるものが、次回記事のテーマになるだろう。(参照記事「」)
「リンクジュースで流れるPageRankはパンダアップデートで堰き止められる」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント