Yahoo Seo Google > インデックスのseo > インデックスにはトラフィックが関係しているのか?

インデックスにはトラフィックが関係しているのか?

Yahoo seo GoogleブログのSearch Console上データを見ると、ウェブ上で得られるデータと大きく異るものが散見される。
特にハッキリしているのが<データ ハイライター>でタグ付けしたページのキャッシュされた時間と、ウェブ上のキャッシュの時間である。
Googleのインデックスには実際のトラフィックが大きく関係しているのではないだろうか?
ゴールデンウィークの間、Yahoo seo Googleブログへのアクセス数は著しく減少した。
だからという訳では無いが、Search Consoleの日々のデータ更新を記録しながら<クロールの統計情報>が殊更気になった。
この数値は実際にユーザーがアクセスしてきたものではなく、Googlebotの活動量を示すものである。
Fetch as Googleで大量にURLを送信すれば、1日辺りのクロール・ページ数も大量になる。
だが、そういった処理を行っていない時に発生するクロールとはルーティーンのクロールなのであろうか?
どうやらそれは異なっており、実際のトラフィックに因って発生しているだろうことが理解出来た。
それが理解出来たのは、私がウェブ上でYahoo seo Googleブログ内のURLを調査したからである。

先に<データ ハイライター>でタグ付けしたページと、そのページのウェブ上のキャッシュに、時間が異なるケースが有ることを報告した。
この記事をエントリーした時には「」の記事数は2になる。
つまりはこの2017年5月の記事数が1を明示させているキャッシュは前回記事「」がエントリーされた2017年5月2日以降にキャッシュされたものということになる。

この2017年5月の記事数1を、<データ ハイライター>でタグ付けした画面で表示させているページが、ではウェブ上のキャッシュではどうなのか?と調査すれば、大部分が異なる。
実際に一致しているページは少数であるが、それにはハッキリした共通項がある。
それこそ<構造化データ>並びに<内部リンク>に表示されているページである。
Search Consoleのデータがオフラインのデータとすれば、ウェブ上のそれはオンラインのデータである。
<構造化データ>並びに<内部リンク>に表示されているページとはオフラインとオンラインがリアルタイムで更新される、正に正規化されたウェブページであると言うことが出来るだろう。

こうしたオフラインとオンラインのリアルタイム更新を可能にさせる為には何をすべきなのだろうか?
これを考える上で重要なヒントとなったのは<構造化データ>に新たに表示された過去記事のページである。
何故そのウェブページは<構造化データ>に表示されたのか?
そのヒントこそ「」に記載された以下の文章だ。
サイトを論理的なリンク構成で作成します。各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。
つまりこの新規に<構造化データ>に表示されたウェブページは何処かの静的なリンクによってクロールされたのだと考えた。
そこでこの新規に表示されたウェブページにリンクしたページを<データ ハイライター>で個別にタグ付けしたページから探した。
すると、その中の1つのページが更新されていることに気付いた。
アーカイブ部分に2017年5月が記事数1で表示されていたからだ。

だがそのページは「」の記事で画像で紹介したナビゲーションのリンク元ではなかった。
新規に表示された記事が属するカテゴリのページであった。
ここで構造や定型の概念から離れて考えてみた。
そして浮かんだのがカテゴリページから新規表示ページへのリンクを誰かがクリックし、それに因って発生したトラフィックが、このページを<構造化データ>に表示させたのではないか?という考えだった。

それを確認する為に、私自身でYahoo seo Google内の多数の記事にアクセスした。
トラフィックを発生させる為である。
結果、本日の<クロールの統計情報>において、Googlebotの通常では得られない活動量を目撃した。
それは「トラフィックが発生したこと」更に「ウェブページが更新されていること」をGooglebotが認識したからだと考えている。

アクセスしたページを<データ ハイライター>のタグ付けした画面で見ると、アクセス以前の状態から更新されているページが複数あることを確認した。
つまりオフラインのデータはオンライン上のトラフィックによって更新されると考えられるのである。

オンライン上のトラフィックとは生きた人間に因って生まれる。
つまりはトラフィックが発生させたそのリンクが、生きた人間に因って評価されたとも言える。
ロボットに過ぎないGooglebotに、これを利用させない筈はない、と私なら思う。
貴方ならどう思うだろうか?
「インデックスにはトラフィックが関係しているのか?」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント

No title

いつもお世話になっております。

Googleが人間のトラフィックを検出するのは、Chromeブラウザのデータを活用しているということになるのでしょうか?

Re: No title

Chromeブラウザに限らないでしょう。私が常時利用しているブラウザはFireFoxですが、トラフィックは検出されています。