Yahoo Seo Google > ドメインとseo > ドメインなんて関係なし?全てはページ単位なのか?

ドメインなんて関係なし?全てはページ単位なのか?

Yahoo seo Googleブログの最適化作業を通じて最近考えていたことがドメインの事である。
単位としてのドメインは確かにあるが、それはウェブ上のフィルターにだけ関係しているのではないか?
それ以外は全てがページ単位なのではないか?
内部リンクと外部からのリンクを差異化するにはドメインが重要な役割を果たす。
同一ドメイン内からのリンクは内部リンクと言われ、ランキングを決定するアルゴリズムの主要なシグナルとしての被リンクとは外部からのリンクを指す。
外部からのリンクは他者からの評価としてカウントされるからである。

だが同一ドメイン内の内部リンクでありながらも、そのリンクが他者からのリンクであるケースがある。
例えば今このYahoo seo Googleを書いているFC2ブログがそうである。
“fc2.com”というドメイン内には多数のブログが存在し、その所有者は殆どが他者である。
つまり“fc2.com”内の異なるサブドメインで運営されているブログから、私のブログに対するリンクは他者からのものになる。
もしGoogleがそうした事情をランキングのアルゴリズムに組み入れているのであれば、ドメインなんて大きな意味が無いと考えられる。
更に言えば、外部からのリンクだと偽装する自演リンクも大きな意味が無いとも考えられるだろう。
ドメインは何ら関係なく、全てはウェブページ単位なのではないか?
今、私の頭ではその考えが支配的である。

」の記事で、正規化されているURLはSearch Console上のデータとウェブ上のデータがリアルタイムで更新されていることを伝えた。
その後、トラフィックと更新の関係についてはツイッターで紹介した通りだ。
  • 正規化されているURLはトラフィックに因ってSearch Console上のデータが更新され、ウェブ上のデータもリアルタイムで更新される。
  • 正規化されていないURLはトラフィックに因ってSearch Console上のデータは更新されるが、ウェブ上のデータは更新されていない。
ここからは“正規化”というキーワードで単位としてのページが浮かび上がってくる。

更に歴史を遡れば、Yahoo seo Googleブログの<構造化データ>や<内部リンク>からドンドンとページが消えたのも発端はFC2が“net”ドメインのレスポンスを変更したからである。(詳しくは「」を参照して欲しい。)
このレスポンス変更で全てのURLが消えた訳ではないことからもページ単位でレスポンス変更の影響があったことが窺える。

以下は「」からの引用である。
ページへの内部リンクの数は、検索エンジンに対してそのページの相対的な重要度を伝える要素です。
同一ドメイン内の内部リンクでありながらも、その数に因って重要度が異なることを伝えられると言うことである。
それは内部リンクながらもリンクジュースに因ってPageRankを受け渡すことを意味するのだろう。

ページを単位として考えた場合、パンダアップデートによって捕捉されたウェブページからのリンクはペンギンアップデートに因ってリンクの無効化がなされるのではないか?
そしてページ単位で対処出来ない問題に対しては手動でペナルティが科されるのではないだろうか?

Yahoo seo Googleブログは今迄1度も手動ペナルティを科せられた事は無い。
それはページ単位で自動的に科せる事が可能だからだろう。

但しこのブログに科せられたものはペナルティではなく、何らかのフィルターであろうと考えている。
そのフィルターこそ、Search Console上のデータとウェブ上のデータをリアルタイムで更新させない、同期させない、何らかのフィルターであり、そのフィルターにはドメインが何らかの形で関わっている様に思われる。
」で書いたが、リンクを塩漬けさせているのはこのフィルターであろう。
そしてそのフィルターは検索結果を調整する目的で使用され、同一ドメインからのページを複数、検索結果に表示させない為であろうと考えている。

“net”ドメインのレスポンスが301リダイレクトに変更されてYahoo seo Googleブログの正規化が損なわれた。
ドメインとURLの履歴がこのフィルターに関係しているのだろうか?

兎に角、今はSearch Consoleのデータこそフィルターが掛る前の、最も信じられるデータだと考えている。
「ドメインなんて関係なし?全てはページ単位なのか?」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント