Yahoo Seo Google > Google Search Consoleとseo > <構造化データ>はウェブ上で検出される

<構造化データ>はウェブ上で検出される

とある仮定を検証する目的でYahoo seo Googleブログの<データ ハイライター>タグ付けを改めていた。
タグ付けは改め終わったが、未だ仮定を検証する段階には至っていない。
その原因は<データ ハイライター>がオフラインでのデータであるのに対し、<構造化データ>はウェブ上で検出されるデータであるからだ。
何度も書いているが、Yahoo seo Googleの正規化、つまりseo(最適化)は、<構造化データ>にURLが表示され、それと共に<内部リンク>で全てのURLが繋がることで完結する。
」で書いた通り、トラフィックに因って<データ ハイライター>で個別にタグ付けしたページのインデックスは間違えなく更新される。
しかしウェブ上のキャッシュが同時に更新される訳ではない。
<構造化データ>に表示されるデータの最終検出日がウェブ上のキャッシュ日時と同一である通り、構造化はウェブ上で検出されるものだからである。
言い換えれば正規化されていないURLがオフラインの<データ ハイライター>で更新されても、サイトのseoには何ら影響しないということである。

「<構造化データ>はウェブ上で検出される」
この事実から考えられることがあるのではないか?
意外かも知れないが、<構造化データ>はSearch Console内(オフライン)では検出されないという事実である。
」にもそのヒントがある。
「インデックスに登録されたサイト内の URL の総数」に書かれた以下の引用部分がそれである。
検索結果に表示される URL と、Google が別の方法で検出する可能性があるその他の URL の総数です。ページの追加や削除に伴い、この数は時間の経過とともに変動します。インデックスに登録された URL の数は通常、クロール済みの URL の数よりも大幅に少なくなります。重複、canonical ではない、または noindex メタタグを含むと判断された URL は [インデックスに登録されたページの総数] に含まれないからです。
つまりオフラインでは“noindex”や“canonical”タグが記述されたコンテンツがGoogleによって検出されているからである。
Googleによって発見されたコンテンツは全てオフラインでインデックスされている。
」で報告した通り、“canonical”といったメタタグは第2段階や第3段階で処理される。
第1段階では全てのコンテンツがインデックスされると考えて良いだろう。

オフラインに蓄えられたコンテンツはGoogleによって処理される。
“noindex”や“canonical”タグが記述されたコンテンツがその時点で排除されることは無いのだろう。
仮に排除されていれば、「」で掲載した画像が示す通り、“noindex”が記述されたコンテンツがバックリンクに表示される事は無いからだ。

では排除されているのは何処でであろうか?
それこそオンラインのみで排除されているのだろう。
オンラインで表示されているものは、オフラインの氷山の一角だ。
だからこそ氷山の一角が正規化される為にも水面下にある氷山全て、つまりSearch Console内のデータが最も重要だとも言えるのである。

では正規化は何故されないのか?
」で書いた通り、Google側の問題で正規化が進んでいない原因も考えられる。
だが、それ以外に原因があるのではないか?
そう考えて、ある仮定の下、<データ ハイライター>タグ付けを改めた。

その仮定が正規化に対して悪い影響を与えていたという確証は未だ得られていない。
だがウェブ上のトラフィックがSearch Consoleのデータに影響を与えることは実証済みであり、正規化が完了しているURLに関してはウェブ上のキャッシュもリアルタイムで更新される。
つまりオンライン→オフライン→オンラインの関係性は検証済みであることからも、オフラインのデータがオンラインに影響を与えない原因はオフラインにあると考えて良いと思われるのだ。

仮に私の仮定が正しかったのなら、Search Consoleの利用がseoにマイナスになる。
これ以上のGoogle批判は無いだろう。
「<構造化データ>はウェブ上で検出される」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント