Yahoo seo Google > 内部リンク > 外部リンクよりも内部リンクがseo的に重要だと考える理由

外部リンクよりも内部リンクがseo的に重要だと考える理由

Yahoo seo GoogleブログのURLをFetch as Googleで送信し終えた。<構造化データ>の推移からも、改めて内部リンクの重要性を再確認させられた。もはや、外部リンクよりも内部リンクの方がGoogle seo的には遥かに重要だと言えるのではないだろうか?
2017年7月3日、Fetch as GoogleでYahoo seo Googleブログのを終えた。前々回記事「」で報告した通り、<構造化データ>に表示されるは飛躍的に増加した。先ずは、時系列的に<構造化データ>の推移を紹介しよう。
<データハイライター>を削除し、ソースにマークアップのをしたのが22日である。そしてFetch as Googleでのリクエストは23日から開始した。この23日朝の時点では、<構造化データ>には以前からマークアップしてあった<パンくずリスト>しか表示されておらず、表示は84ページに過ぎなかった。それが7月4日朝の時点で、どこまで増加したか?は、7月4日朝のYahoo seo Googleの<構造化データ>である。2017年7月4日現在のYahoo seo Googleブログの構造化データ<パンくずリスト>は351ページに増加し、ArticleとPersonは325ページ表示されている。Fetch as Googleによって、新規に認識されたのがArticleとPersonであり、<パンくずリスト>の表示数が多いのは以前のソースのままのURLが残っているからであり、これもFetch as Googleによって、何れArticleとPersonと同数になるだろう。
7月3日までに送信した数に較べれば、この表示数はまだまだ少ない。させたいと考えているは3日時点で995あり、それに相当する数をFetch as Googleでリクエストしている。それにも関わらず表示が少ないのは、「<構造化データ>に表示されない原因は<データハイライター>によるマークアップだった!」でも触れた通り、一旦表示されても翌日もしくは数日後に消えるURL、さらにはリクエストしても、まるで表示されないURLがあるからである。
一旦表示されたURLについては、Fetch as Googleによるファストトラックインデックスによって表示されたと考えられる。実際、送信したURLの影響だろう、未送信のURLが<構造化データ>の<パンくずリスト>に表示されるケースがあった。ここから推測できることは、未送信のURLが<構造化データ>に表示されなかったのは、元のURLに原因があったということである。
そのリンク元のURLがFetch as Googleでリクエストされ、何らかのseoフィルターが解除されたことで、リンク先である未送信のURLが<構造化データ>に表示されたのである。このseoフィルターこそ、<データハイライター>のマークアップによって生まれた負のフィルターだったわけである。(Fetch as Googleによるファストトラックインデックスについては、20日付記事「」も参照のこと。)
この負のseoフィルターは、連鎖していると考えている。先程の例で説明すれば、あるURLとあるURLは紐付けさせられている。片方のフィルターが解除されたことで、紐付けされた相手のURLもseoフィルターが解除されて<構造化データ>に表示された。だから私がFetch as GoogleでURLをリクエストする度に、この負のフィルターはその都度解除されていく。
だが、データだけを追っていると、seoフィルターが解除されたようには思われないケースに遭遇する。<構造化データ>に表示され、フィルターが解除されたと思った途端、再度、<構造化データ>から消えるからである。
<構造化データ>から消えたURLを調査すると、一部、URLのキャッシュが表示された時よりも新しいものがあった。それはFetch as Googleでフィルター解除された他の異なるURLからのリンクによって、再されただろうことが推測された。キャッシュがされると、<構造化データ>の検出日も更新される。だからこそ、一旦消えたURLも、何れ、再度表示されるようになるだろうと、今は推測している。
問題は、リクエストしながらも一度も<構造化データ>に表示されないURLだ。推測するに、これは他のURLからのリンクが認識されていないことが原因ではないか?インデックスは、インデックスされているページからのリンクによってインデックスされる。その原則に従えば、インデックスされていないページからのみリンクされたページはインデックスされない。
もう1つ原因として推測されるのが、紐付けされたページである。Fetch as Googleでリクエストした直後はキャッシュも表示されたURLが、翌日にはインデックスから削除された事例があった。このURLの紐付けされたページが旧用のページだったとしたらどうだろう。紐付いた旧フィーチャーフォン用URLの<head>には “noindex” が記述されているからインデックスから削除された?
この仮説が正しいのではないかと考えているのは、その後、全てのURLをFetch as Googleでリクエストした後に改めてこのURLもリクエストしたら、インデックスされたからである。そしてそのURLは現在も、インデックスされ続けている。つまりは、フィルター解除された他の異なるURLからのリンクによって、このURLはインデックスされたのである。言い換えれば、それ以前、このURLには旧フィーチャーフォン用のURLからしかリンクが認識されていなかった?ということではないだろうか。
検証して再認識させられるのが、における内部リンクの重要性である。それはリンクによってページが紐付けられてしまう点で重要なのだ。
この紐付けを私は以前 “リンクの輪” と表現した。同タイトルで書いた1日付記事「」を読むと、アノテーションのURLでリンクされたページとの重複解消が難しいとある。これはデバイスとテンプレートに関連する紐付けだ。このアノテーションに関しては、16日付記事「」で伝えた通りである。
デバイスとは別の紐付けこそが重要である。それは、そのページ概要に関連するものであり、検索のに最も影響を及ぼす紐付けだからだ。
内部リンクによる紐付けで、サイトはウェブマスターが求めた、キーワードに関連深いサイトになる。そしてサイトの概要は内部リンクによって構築されるとしたら、外部サイトからのは何をもたらすのだろうか?それはリンクされたページの概要に貢献するに過ぎないのではないか?だからこそ、ページに貢献する外部リンクよりも、サイトの概要に貢献する内部リンクの方が重要なのではないか?今、こんなことを考えている。
7月2日に<内部リンク>が更新された。この時は、5つのURLが加わった。加わったURLに付いたバックリンクによって、<サイトへのリンク>は増加した。正しく内部リンクが繋がれば、それだけ<サイトへのリンク>も増加する。この点でも、外部リンクよりも内部リンクの方が重要である。
関連のseo記事
  1. (2017/07/14)
  2. (2017/07/24)

コメント

非公開コメント