Yahoo Seo Google > Google Search Consoleとseo > Search Consoleのツールは使用しないと決めた訳

Search Consoleのツールは使用しないと決めた訳

Search ConsoleでGoogleより提供されるツール、具体的には<URLの削除>であるが、その使用を自らに禁じることにした。
そう決めた訳はYahoo seo Googleブログの<インデックス ステータス>に表示される「削除済み」件数が削除をキャンセルした件数と同数であることを発見したからである。
Yahoo seo Googleブログの不要なページを<URLの削除>ツールで削除した。
削除依頼したページの<head>には“noindex”が記述されていた為だろう、概ね大部分のURLは削除後10日程すると「期限切れ」を迎えた。
だが何時まで経っても削除されたままで「期限切れ」を迎えないURLがあり、その時の判断で削除をキャンセルした。
それは下記の画像の様に「キャンセルされました」というステータスで表示される。
2017年7月12日現在<URLの削除>ツールでキャンセルされたページの画像

だが奇妙なのは<インデックス ステータス>に表示される「削除済み」の数字である。
下記画像は2017年7月12日に取得したyahoo seo Googleブログの<インデックス ステータス>表示画面である。
2017年7月12日現在の<インデックス ステータス>
「削除済み」件数は12とあるが、<URLの削除>ツールで「削除済み」となった件数は1件もない。
あるのは「期限切れ」と「キャンセルされました」だけであり、ではこの<インデックス ステータス>に表示される12の数字は何かと言うと、これは「キャンセルされました」の数字なのである。

先に紹介した「キャンセルされました」の画像には12のURLがある。
これが単なる偶然では無いと言い切れるのは、“net”や“us”ドメインにおける<URLの削除>ツールの「キャンセルされました」と<インデックス ステータス>の「削除済み」件数も同様だからである。

これが何を意味するのか?
正直まるで分からない。
「削除申請し、それをキャンセルしたにも関わらず削除され続けている」と言うことなのか?
事実だけを述べれば、「削除され続けている」というのは間違えで、この削除申請をキャンセルしたURLの内、ウェブ上で表示されるURLもあるからである。

ウェブ上で表示されないURLは<head>に“noindex”が記述されていたURLである。
表示されるURLは<head>にcanonicalで正規URLを記述してあったURLである。

あれこれ生じるこのGoogleの矛盾に満ちたデータは何を意味するのか?
正直まるで分からないが、結論だけは出した。
それはGoogle Search Consoleはデータを参照するだけにして、そこで提供されているツールは使用しないこととした。

<データ ハイライター>によるタグ付けが<構造化データ>にマイナスに作用したことは「」で報告した通りである。
それに加えて今回発見した<URLの削除>ツールの件。
こうしたGoogleが提供するツールは私が理解している通りには作用しないと思うのが最も適切であると思われるからである。

思え返せばPC版とスマートフォン、フィーチャーフォン版のアノテーションの件でもGoogleから得られる回答は矛盾していた。
言ってしまえば、それを担当する部署に因って回答が異なり、統一した見解なんてものは一向にGoogleから提供されることはない。
だからこそ、こうしたGoogleが提供するツールにおいても同様なのだろうと判断した。

今の私の推測だが、<URLの削除>ツール画面から過去の履歴が消えた時、<インデックス ステータス>の「削除済み」件数も消えるだろう。
つまりツールの履歴に残るURL自体がリンクとなって、現状のサイトに影響を及ぼしていると感じられるのである。
最適化しようとして利用するツールが、逆に最適化を妨げているのではないか?
ネガティブseoの原因がSearch Consoleのツールにあったとしたら、これは最早悲劇を超えて喜劇である。
まさかそんな事は無いだろうと思いつつ、ツールの仕様を自らに禁じた自分がいる。

<URLの削除>ツールと<インデックス ステータス>の「削除済み」件数については8月の終わり位には結果が判明するのではないだろうか?
<URLの削除>ツール履歴は凡そ6ヶ月と理解しているからである。
「Search Consoleのツールは使用しないと決めた訳」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント