Yahoo seo Google > Google Search Consoleとseo > <URLの削除>ツールの履歴はウェブ上のサイトに影響を与えているのではないか?

<URLの削除>ツールの履歴はウェブ上のサイトに影響を与えているのではないか?

2017年2月3日に削除申請したYahoo seo GoogleのURLが、Search Consoleの履歴から8月3日に消えたのをハッキリと確認した。
<URLの削除>ツールの履歴は6ヶ月で間違えがない。
その後の経緯を見る限り、やはり<URLの削除>ツールの履歴はウェブ上のサイトに影響を与えているのではないか?
<URLの削除>ツールの履歴が消えはじめ、このスナップショット画像を撮った8月8日現在、残す履歴は34件となった。
2017年8月8日段階のURL削除ツールの履歴
」の記事で、“us”ドメインの<URLの削除>履歴画像とサイトコマンド画像を紹介した。
記事でも触れた通り、この履歴がウェブ上のサイトに影響を与えていると疑っている。
さらに「」では、<URLの削除>ツールで削除申請をキャンセルした件数と<インデックス ステータス>の「削除済み」件数が同じである点も報告した。
だからこそ、“us”とは比較出来ない程の申請をした“com”のツール履歴が消えることで何が起こるのかを興味津々で待っていた。
はじめに書いておけば、今のところ、期待したような大きな変化は見ることが出来ていない。
ただし、大きな変化を予感させる動きだけは確認している。

まずは<構造化データ>である。
8月3日になって<URLの削除>ツールの履歴が消えはじめたことを報告したが、その日の朝、<構造化データ>がステータス日8月2日で更新されたのだが、翌日から更新はストップされている。
この記事を書いている8月8日現在も更新はストップされ、ここ最近、5日も続けて未更新が継続されているのは記憶にない。
<データ ハイライター>の全データを削除し、マークアップし直したソースをFetch as Googleによってキャッシュさせていた時でも、<構造化データ>は更新されていたのだ。

さらに<内部リンク>にも気になる動きがある。
8月8日に<内部リンク>データが更新され、トップページへのバックリンク数は199から200に増加した。
だがその内訳は大きく異なり、前回のバックリンクから93のURLが消え、新たに94のURLが追加されたのである。

以前もバックリンクのURLが大きく変わることはあったが、それは大規模にFetch as Googleで送信した時に限られていた。
今回はFetch as Googleで送信したのは新規記事とカテゴリー・ページ、そしてトップページだけである。
今回特に興味深いのは、消えたバックリンクがカテゴリーやアーカイブのURLが主であるのに対し、新規に加わったURLは記事ページが主で、それも今までは1度もバックリンクに表示されたことがないURLが多いことだ。

このバックリンクの変化は<URLの削除>ツールの履歴が消えはじめた順番を思い出させた。
2月3日から<URLの削除>ツールで削除申請したのは旧フィーチャーフォン用のページである。
最初の記事ページから順番に削除依頼し、その後にカテゴリページとアーカイブページ、最後にコメントやトラックバック関連のページをリクエストした。
だから履歴が消えたのもその順番となった。
それを考えると、トップページのバックリンクからカテゴリーやアーカイブが消え、記事ページが主になったのも当然のように感じられた。
つまり履歴が消えると同時に、何らかの処理が行われ、それがトップページのバックリンクへの変化として現れた。
バックリンクに加わった記事ページも初期のものが多い。
やはり<URLの削除>ツールの履歴はウェブ上のサイトに影響を与えていると、改めて感じた。

いずれ影響の有無は今よりもハッキリ断言出来るようになるだろう。

追記(2018年5月3日)
<インデックス ステータス>の「削除済み」件数については「」も参照のこと。
「<URLの削除>ツールの履歴はウェブ上のサイトに影響を与えているのではないか?」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント