Yahoo seo Google > Google seo 2016年10月~ > seo的にGoogleが最も重要視しているのは<ヘッダ>内のリンク

seo的にGoogleが最も重要視しているのは<ヘッダ>内のリンク

Yahoo seo Googleブログのリンクの塩漬けを解消する目的で、Fetch as GoogleでGooglebotのクロールをリクエストしていた。
その過程で発見したのがリンクの重要度である。
seo的にGoogleが最も重要視しているのは<ヘッダ>内のリンクである。
しばらくの間、Yahoo seo Googleの過去記事ページをFetch as Googleで送信することだけに集中していた。
<URLの削除>ツールの履歴が消去され始めたにも関わらず、<URL パラメータ>に表示される監視対象URLが思った程には減少しなかったからだ。
つまりFetch as GoogleによってGooglebotをクロールさせなければ、リンクの塩漬けは解消されないということだ。
サイトマップの<lastmod>によってコンテンツの更新を伝えられないFC2ブログにおいてはFetch as Googleで1ページずつ送信していく他に方法がない。(参照記事「」)

送信によって<URL パラメータ>の数値が減少した。
前回記事「」で<URL パラメータ>の数値を画像で紹介した。
652あった“mode”の数値は601に減り、648あった“no”は598に減少した。
スマートフォン用のURLに使われた“sp”も423から369に減少した。
Googlebotのクロールにより着実にリンクの塩漬けは解消されつつある。
そしてこの解消過程において発見した事実こそリンクの重要度である。
それは<ヘッダ>内のリンクこそseoにおいて最重要視されているという事実である。

」という記事を書いた。
キャッシュされたコンテンツとは異なる<ヘッダ>のタイトルがウェブ上で表示されたことから、タイトルにしたような推測をしたわけである。
だが、今もこれと同様の推測をしているわけではない。
それこそ<ヘッダ>内のリンクこそ最重要視されているからこそ生じたものだと考えている。

<ヘッダ>内のリンク、その代表例は“canonical”のリンクである。
重複する複数のURLから正規URLを指定するのに使用される。
これが<ヘッダ>内に記述されなければならないのは、そのページに存在するリンクの内、Googleは<ヘッダ>内のリンクを最重要視し、かつ、最優先にするからだ。
<ボディ>に存在するリンクに先立って処理される。
だからこそ“canonical”のリンクは<ボディ>内のリンクに優先されて処理されるわけである。

この事実と「<ヘッダ>と<ボディ>は分割して処理されているのか?」で報告した<ヘッダ>と<ボディ>の相違を説明すれば、記事タイトルだけが最新のものに改まった原因は他のページの<ヘッダ>からのリンクによって、である。
なおかつ<ヘッダ>のみ更新させつつ<ボディ>がそのままなのは、「」で書いた推測が正しいからではないか?
つまりネガティブseo回避のために<ヘッダ>は即時に利用されつつも<ボディ>に関しては更新に至るまでに一定の時間が必要になる。
」に則して語れば、<ボディ>はプライマリ インデックスによって更新されるといえるのではないだろうか?

こうした事実から窺えるのは、Googleのオフラインでの処理こそGoogle seoの本質ということだ。
そしてオフラインでの処理に対しSearch Consoleの<データ ハイライター>や<URLの削除>、さらには<URL パラメータ>の処理指示はウェブマスターからの強制的な指示に匹敵する。
だからこそ正しい利用方法を知らない者はこれ等のツールを使用するべきではない。(参照記事「」)
誤った利用方法がウェブサイトをに招く結果になるからだ。

「seo的にGoogleが最も重要視しているのは<ヘッダ>内のリンク」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント