Yahoo seo Google > Google seo > seoに効果があるトラフィックの再カウントは10日経過後

seoに効果があるトラフィックの再カウントは10日経過後

Yahoo seo Googleの<クロールの統計情報>から理解できるのだが、seoに効果があるトラフィックの再カウントは、前回から10日経過した後のものであり、つまりは、10日以内のトラフィックにGooglebotはクロールしないため、seo効果がない。
2017年9月15日のクロールの統計情報10日付記事「」で、トラフィックとの件を報告した。私がYahoo seo Googleブログの記事ページにトラフィックを送ると、そのページがされていることを確認してGoogleがインデックスを改めただろうことが、<データハイライター>のタグ付けで理解できた。
だが、ページを更新したからトラフィックを送ってインデックスを改めようと思っても、前回のトラフィックから10日経過していないと、してくれない。それが<クロールの統計情報>から理解できた。だから私は、Yahoo seo Googleのには必ず前回から10日経過後にトラフィックを送るようにしている。

トラフィックとseoの関係

トラフィックとGoogle seoの関係を考えてみた。浮かんでくるのは、トラフィックは検索ユーザーの需要によって生じるということだ。
検索ユーザーの需要とは検索されるそのものであり、検索されないキーワードに関係するウェブページは、検索されないからこそトラフィックも生まれない。検索ユーザーを第一に考えれば、トラフィックが生じないウェブページはGoogleにとって無駄なページだとも言えるだろう。
そうした無駄なページに対し、Googlebotをクロールさせることも、また無駄な作業だとも言えるのではないか?そう考えてくると、この世に存在するウェブページの中で、毎日トラフィックが生じているページなんて、ほとんどないだろう。
Yahoo! JAPANだってトップページには毎日数億のトラフィックが生じているが、個別のニュース記事などは日を追う毎にトラフィックは減っているだろう。つまり検索ユーザーの需要に対して、適切に供給するためにはトラフィックを追うのが最も効率的だと言える。だからこそGoogleはトラフィックを追う。
さらにGoogleがトラフィックを追う理由を推測してみた。例えば、中古を利用したPageRank重視のも、トラフィック重視のアルゴリズムで排除できる。
PageRankが高くとも、トラフィックが生じていないページは需要が高いページだとは言えない。ましてやそのページからのの上位に表示させる旧来のアルゴリズムは、検索ユーザーの需要に即したアルゴリズムだとは言えない。
そう考えると、トラフィックを追うアルゴリズムとは検索ユーザーの需要に即しているとも言えるし、トラフィックがアルゴリズムに組み込まれた時点で、検索順位はユーザー自身が作っていると言っても良いだろう。
PageRankという論理的な数値が重視されたアルゴリズムから、検索ユーザーの需要という感情的なトラフィックが重視されたアルゴリズムへの変換。今のGoogleのアルゴリズムについて、私はこう考えている。
  1. 今後のGoogle seoとは、トラフィックを生むサイトを構築することが重要なのではないか?
  2. 膨大な数のウェブページを要するサイトであっても、トラフィックが生まれないサイトでは駄目なのではないか?
  3. 例え数ページのウェブサイトであっても、サイト内のトラフィックが活発であれば、それは検索ユーザーの需要に対応したサイトだと認識されるのではないか?
10日経過すればトラフィックは再カウントされる。できればこのトラフィックは、検索ユーザーに行って貰いたい。そのためにも過去記事を相応しい形で更新することは、seoに重要な仕事だといえるだろう。
追記(2021年2月25日):スパムに関連した記事「」をエントリーしました。
関連のseo記事
  1. (2017/06/06)
  2. (2017/10/13)

コメント

非公開コメント