Yahoo Seo Google > Google seo 2016年10月~ > 自動ペナルティを解除するのにはURLを変更するのが望ましい

自動ペナルティを解除するのにはURLを変更するのが望ましい

SSL化したYahoo seo GoogleブログのSearch Consoleデータが更新されると同時に、旧URLに対するデータが新しい検証を可能にさせている。
アルゴリズムのすき間に陥った、自動のペナルティの正体と、その解除に光明が見え始めてきた。
自動のペナルティを解除するのにはURLを変更するのが望ましい。
Search Consoleに登録したSSL化したYahoo seo Googleブログに、9月26日、ようやく<サイトへのリンク><内部リンク>のデータが表示された。
そのデータ内容について考察しうる点は多々あるが、それはもう少しデータが推移してから記事にしても遅くはないだろう。
今は新規URLについての事よりも、旧URLの事を語る方が、今、検索クエリに対するランキングに苦悩しているウェブマスターには有益だろうと思うからだ。

先ず触れなければならないのが「」で書いた<URLの削除>ツール履歴と<インデックス ステータス>の「削除済み」件数の件である。
予想では<URLの削除>ツールの履歴が消えれば、<インデックス ステータス>の「削除済み」件数はゼロになると考えていた。
だがその予想は外れ、削除リクエストから6ヶ月経って履歴は消えたが、<インデックス ステータス>の「削除済み」件数は9月27日現在も12の儘である。
そしてそれは“net”と“us”の「削除済み」件数も同様である。

この問題を検証するに当たり、「キャンセルされました」と表示されていたURLは<URLの削除>ツールで削除をリクエストしながらも一向に削除されずに「期限切れ」を迎えないURLであった。
だからこそ削除をキャンセルした。
言い換えれば削除を取り止めたのであるから最インデックスされる筈のURLであった。

だがこれ等のURLには全て<head>に“noindex”を記述してあった。
つまり削除のリクエストは却下されながらも再インデックスもされないURL、それが<インデックス ステータス>の「削除済み」URLであったのである。

こうした現象が何故、今も継続されているのかは全く持って不明である。
だがウェブマスターにとって最重要な点は何故こうなったのか?ではなく、どうしたらこういう状況から脱却出来るかではないか?
つまり今この<インデックス ステータス>の「削除済み」URLに象徴される現象は、Googleのアルゴリズムに因ってもたらされた、決して自サイトの検索ランキングにはプラスにならない事であるという事。
言い換えれば、これはアルゴリズムのすき間に生じた自動のペナルティであるという事だ。
手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした
本来、GoogleのペナルティとはSearch Consoleに表示される手動のペナルティである。
つまりはアルゴリズムもしくは目視によって認識され、相応しい処理を施せばペナルティを解除して貰える類のものである。

これに対する自動のペナルティとはGoogleが意図していないペナルティである。
アルゴリズムのすき間と書いたが、それはウェブマスターの間違った施策によってもたらされたものだとも考えられる。
例えば<URLの削除>ツールも、その名称からすれば誤ってインデックスされてしまったURLを削除するものに思えるのだが、実際は異なる。
ある一定期間、リクエストされたページをウェブ上に表示させない為のツールに過ぎない。
つまりGoogleからすれば正しく使用されることを想定したツールを誤って使われるだけで、それはアルゴリズムのすき間に陥れることになる。
<head>に“noindex”を記述してあるが削除も拒否されインデックスも拒否されるURLがその例だ。
「削除済み」とされた12のURLは、今もアルゴリズムのすき間を今も漂っていることだろう。

問題は自動のペナルティが何時になったら解除されるのか?
未だに12件の「削除済み」件数が表示されている処を見れば、この解除は不可能に近いのかも知れない。
エンティティの視点で考えると、自動ペナルティに陥っていた時間を超える程の時間が経過しなければ、そのURLに対する本当の履歴は塗り変わらないと思えるからだ。

その中で見え始めてきた光明が今回のSSL化である。

最初に書いた通り、現在はSSL化したデータをより多く収集して検証してみたいと考えている。
だがこの自動ペナルティとの関係でSSL化が大きな光を感じさせてくれている。
それは具体的に言えばSSL化は何の関係も無い。
重要なのは旧URLからURLが変わったことだ。

つまり自動ペナルティに陥ったURLには履歴がある。
しかしそのURLを変更することでアルゴリズムのすき間に落ち込んだコンテンツを救うことが出来る様なのだ。
誤字脱字だらけで読むのに苦労する文章が、新しく清書され直されることで読むのに苦労が要らなくなる。
そんな印象を今、私はYahoo seo GoogleブログのSSL化で感じている。
だから仮に自動のペナルティに陥っていると思われるページが貴方のウェブサイトにあったなら、そのページのURLを変更してみることをお薦めする。
当然ながら、変更したウェブページへの内部リンクも忘れずに修正することだ。
是非とも試してみて欲しい。

最初に書いた通り、SSL化したYahoo seo Googleのデータが積み重なることで更に確かな事が分かるだろう。
「自動ペナルティを解除するのにはURLを変更するのが望ましい」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント