Yahoo seo Google > Google seo 2017年10月~ > 重複コンテンツの問題を解消するためにもウェブページ本文の修正は必要

重複コンテンツの問題を解消するためにもウェブページ本文の修正は必要

Yahoo seo GoogleブログのSSL化に伴い、ウェブページ本文の修正は必要であると考えている。
それは重複コンテンツの問題を解消するためにも修正が重要だからである。
依然として「」で報告した本文の修正を行っている。
前回記事「」ではタイトル変更に伴うインデックス数の減少について書いたが、今回は本文を修正する必要性について、現時点での検証報告をしようと思う。

結論から先に書くと、本文の修正は必要だと考えている。
その根拠は、今まで表示されることのなかったウェブページがSearch Consoleの<構造化データ>や<内部リンク>データに表示されるようになったからだ。
さらに表示されるようになったウェブページを、私はFetch as Googleを利用してインデックス送信したわけでもない。
つまり修正と同時にGoogleに送信されたPingをシグナルにしてGooglebotが訪れ、新しくなったウェブページをキャッシュ・インデックスしていったのだ。

では、なぜ、本文の修正が必要なのか?
ページを修正している最中に、過去にこんな記事を書いていたのを発見した。
」である。
この記事を書いていた時の主要課題はGoogle seoアルゴリズムによるタイトルの書き換え問題だった。
そしてこの記事におけるタイトル書き換えはドメインとサブドメインの混在、つまりはの問題だった。
この混在に伴いコンテンツの重複が発生し、タイトルの書き換えが発生したというわけである。

ここで重要な点は重複コンテンツとは何が重複しているのか?という点だ。
先の「seoとDNAオリジナリティ」記事に従えば、「Googleはテキストやリンクの配列によってオリジナリティを見出す」点だ。
つまり重複したコンテンツはテキストやリンクの配列を改めることでしか解消出来ない。
そしてコンテンツの重複が解消された時に再度URLの確認がされる。
この部分は重要なので詳しく説明しよう。

コンテンツの重複とは具体的にいえば、1つのコンテンツに対して2つ以上のURLが存在することだ。
最も多いコンテンツの重複は先のwwwありとwwwなしのドメインとサブドメインである。

このYahoo seo Googleについていえば、3つのURLがあっただろう。
それこそ“net”“us”“com”の問題である。(参照記事「」)

1つのコンテンツが3つのドメインに分散されてインデックスされている状況が最初にある。
そしてコンテンツに修正が加えられる。
この時Googleはそのコンテンツが所属する正規のURLを探す。
その時に重要な役割を果すのがリダイレクトである。
」で書いた通り、FC2ブログはリダイレクトの処理を何度も修正していた。
そしてその都度、コンテンツは正規のURLを見つけられずにいただろうと推測する。
例えばあるウェブページが修正・更新されてGooglebotが正規URLを探す際に、“net”から“us”を経由して“com”にリダイレクトされていたら、どれが正規URLなのか理解出来なかっただろうと思うからである。

仮にFC2のリダイレクトが現在のように“net”から“com”に、そして“us”から“com”へと1対1のリダイレクトが行われていたら、URLはもっと早くに正規化されていた筈である。

本文の修正は11月2日から開始したのであるが、11月21日にSearch Consoleのスナップショットが変化した。
それが以下の画像である。
2017年11月23日段階のSearch Consoleのスナップショット
変化する以前は“https”と“us”の画面が同じで、“com”と“net”が同一であった。
それが21日の更新で全てのスナップショットが同一になったのである。
月に1度訪れるパンダアップデートのインデックス入れ替え?
ともかく、このスナップショットの変化もウェブページの更新と正しい301リダイレクトのお陰であると感じている。

さらに考えなければならない点は、ウェブページの更新とはソースの更新とは異なるという点だ。

例えばテンプレートを修正すれば、ソース内の記述も大きく変わるのが通例だ。
さらにこのYahoo seo GoogleもSSL化に伴い、記事本文からの内部リンクは全てSSL化したURLに改めた。
つまりソース内の記述は改まっているのである。
しかし、それはウェブページの更新とは考えられていないようである。
もしそれが更新であるというのなら、今、本文の修正をして起こったような変化が、いち早く確認出来ただろうと思うからである。
では、このソースの変更がどうしてウェブページの更新とならないのかを考えてみたが、それはGoogleが検索ユーザーと同じ目線でウェブページを眺めることを考えれば容易に想像が出来た。
ソース内の記述を見る検索ユーザーなどほとんどいない。
検索ユーザーが見るのはブラウザの画面に映ったものだけだからである。(参照記事「」)
検索ユーザーと同じ目線でウェブページを見れば、Googleがそのウェブページは更新されていないと判断するのは当然といえるだろう。

もろもろ書いてきたが、今までのような推移から本文テキストの修正は必要だと考えているのである。

推測ではあるが、本文テキストのDNA鑑定はコピー・コンテンツなどのseoスパムに対処する目的にも利用されていると感じている。

追記
この記事に関連する「」も参照のこと。

追記(2018年5月10日)
この記事に関連する「」も参照のこと。
「重複コンテンツの問題を解消するためにもウェブページ本文の修正は必要」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント