Yahoo seo Google > Google seo 2017年10月~ > 静的なテキストリンクでアクセスできることって、どんなリンク?

静的なテキストリンクでアクセスできることって、どんなリンク?

静的なテキストリンクでアクセス出来ることって、どんなリンクを指しているのだろうか?
「Googleと相性の良いサイトを作成する方法」の1ページ目でYahoo seo Googleは躓いている様である。
前回記事「」で報じた件について追記した。
その際、Fetch as Google未送信であったページのキャッシュを調査していて、未送信にした時点から更にキャッシュが更新されているページも多数あった。
整理すれば、キャッシュが更新されているページと未更新のページに2分されたのである。

キャッシュが更新されているページでも、Fetch as Googleで送信する以前にはSearch Consoleの<構造化データ>には表示されていなかった。
表示される様になったのは、間違えなく送信してからである。

何故、この様な事が起こるのかを考えていて、ふと思ったのが静的なリンクについてである。

私にとっての静的なリンクとは「」で語った様なものだ。
動的なリンクの顕著な例がYomi Searchなどの相互リンクである。
このYomi Searchで新しいリンク先を優先的に表示する仕様にしていると、新規サイトが追加される度に古いリンク先は後に追いやられる。
とあるURLに表示されていたものが、次ページへのURLに追いやられることで、そのURLからの発リンクは変わるから動的なリンクなのである。
この動的なリンクに相反するものが静的なリンクだと考えていた。
この動的なリンクに相反する意味での静的なリンクも間違えなく静的なリンクに属するものだとも思うが、何処かで見逃している認識があると感じたのである。

以下はSearch Consoleヘルプの「」で静的なテキストリンクについて触れられた箇所の画像である。
静的なテキストリンクについて触れた部分の画像
この「少なくとも1つの静的なテキストリンクからアクセスできるようにします。」という部分と、先のキャッシュが更新されていたページとの関係が浮かんだのである。
つまり、「静的なテキストリンクによってアクセス出来ていたからこそ、ページのキャッシュが更新されたのだ!」と考え直してみた。
すると今まで抱いてきた静的なテキストリンクのイメージが瓦解して行った。
静的なテキストリンクだと思っていたものは、静的なリンクではなかったのではないか?

」を書いた時点で、Yahoo seo GoogleをSSL化した。
そしてそれ以前に
SSL化、レスポンシブwebデザイン化する以前、このブログにはデスクトップPC用のURLとは別にスマートフォン用、フィーチャーフォン用のURLが存在した。
サイトマップに記載されたURLはデスクトップPC用のURLである。
このデスクトップPC用のURLにスマートフォン用やフィーチャーフォン用のGooglebot_mobileがアクセスした時、それぞれ、スマートフォン用とフィーチャーフォン用のURLにリダイレクトされた。(参照記事「」)

これは静的なテキストリンクと呼べるのだろうか?
デバイスに応じて変化する動的なリンクと呼べるのではないだろうか?

」を読んで貰えれば、Googlebotの問題は認識していながらも、まるで静的なテキストリンクについて考えが及んでいないことが理解出来る。
言うなれば、Googleと相性の良いサイトを作成する方法の1ページ目で躓いている様なものである。

だからだと断定する事は未だ出来ないが、SSL化してからずっとYahoo seo Googleのサイトマップは「保留」の儘である。
この記事を書いている2018年1月19日で119日目である。
静的なテキストリンクがどれなのか?が不明だからこそ、「保留」なのではないか?と思い始めている。

」の記事で、ジョン・ミューラー氏のコメントを紹介した。
リンク先の海外seo情報ブログさんの記事には
解決が困難な多くの問題をサイトが抱えている場合は、その解決に取り組み続けるよりも新たにサイトを作り直したほうがいいことがある。
とある。
改めてこの記事やジョン・ミューラー氏のコメントを読んでみて、URLの履歴はスパムの炙り出しだけに利用されるものではない事が理解出来た。
それこそ人工知能(AI)と呼ばれるものが関係しているのだろう。
同じFC2ブログであっても、サイトマップがしっかりと「処理」されているブログもあるだろう。
当ブログの「保留」と「処理」されているブログの違いは、人工知能(AI)がブログの過去をどう学習しているかによるのだろう。(参照記事「」)

夜明け前が一番暗い。
何かが見えて来た気になっている。

追記
この記事に関連した「」も参照して欲しい。

追記(2018年1月24日)
この記事に関連した「」も参照して欲しい。

「静的なテキストリンクでアクセスできることって、どんなリンク?」と同一カテゴリのseo記事

コメント

非公開コメント